今頃になってサイクルモードで見た自転車の話。
今回試乗した唯一の自転車、モンスタークロスのSalsa Fargoの2012年度モデル。
f:id:kuyu:20111202161233j:image
去年試乗した2010年度モデルとは、ジオメトリーもコンポもいろいろ変わっている。
一言でいうと、よりMTB寄りになった感じ。ハンドリングはややクイックに。
ドロップハンドルは、より幅の広いSalsaのマウンテン用ドロップハンドルが付いてくる。
とはいえ、全体的な性格としては、そんなにも変わらないような気もする。
FargoはやっぱりFargoというか。
大きな違いとしては、2011,2012年度モデルは80mmのサスペンションフォークも取付可能になったので、
Fargoにフロントサスが欲しかった人には朗報と言えるかもしれない。


しかし、前2段(39-27)、後ろ10段(12-36)の変速、一番重いギアが39-12というのは、
いくら29erと言えども、若干軽すぎるような気がする。これは、2010年モデルの
Shimano XTで前が48-36-26のトリプル、後ろが11-34の9速の組み合わせの方が、
バランスが良いと思う。
あるいは、コンポはXTからダウンしたものの、2012年度モデルのFargo3なら、
ギア比自体は2010年モデルと同じようだ。
Bikes | Salsa Cycles


一台でなんでも使えるようにというコンセプトのこの自転車、
これから段々人気がでてくるんじゃないかなあ〜と思ってたりする。